基本的な淹れ方を紹介します
用意する道具は 急須茶杯(小さ目の茶碗)茶海(片口やコーヒー・クリーマーなどで代用)

こだわりの淹れ方(注意点)です

■用意するお湯:よく沸騰したお湯を使います。水はあらかじめ前日などに汲置きし消毒抜きなどするとよいです。
■お湯の温度:沸騰したお湯(100度)を使います。東方美人茶は多少低めがよいです(85-95度)。
■茶葉の量:急須の底が見えなくなる程度、場合によれば急須の1/3程度までにいれます。日本茶を楽しむ場合より多めの感じです。
包種茶は茶葉がかさばってますので、凍頂烏龍茶の場合の倍程度入れてもよいです(急須の2/3くらいになることもある)。自分が使う急須での適量は何度か入れてみて決めます。
■茶器の暖め:二煎以降、茶器がすでに温まっている場合、再度暖めるのは不要です。
■茶の蒸らし時間:茶の量、好みなどで変えます。 二煎目以降は少しずつ時間を延ばします。お茶を蒸らす時、蓋をしてその上からお湯をかけて、蒸らしをよくすることもあります。
■茶漉しの使用:茶海にお茶を移す際に使えば、細かい茶葉などが入らず、お茶の見た目が綺麗でしかも、舌触りがよい。
■茶海の使用:茶杯に注ぎ分けるお茶の濃度を均一にするために用います。一人で楽しむ場合は必ずしも必要ありません。

■茶の注ぎ:茶壷から移すとき、最後の一滴までいれます。
■茶器の選択:お茶の種類により茶器(特に急須)を使い分ける場合、下記のようになります。
 凍頂烏龍茶 陶器・磁器
 文山包種茶 磁器(できれば茶壷の代わりに蓋腕を使って淹れたい)
 東方美人茶 磁器
 高山烏龍茶 陶器・磁器

茶葉の保存方法 お茶を淹れるのと同じくらいに大事なこと。

■基本高温、多湿、光、匂を遮断して保存する。茶葉は他のものの匂いを吸収しやすいので、容器は他の食品や別の茶葉の匂いが残っていないことが重要。
未開封のアルミパックは高温多湿を避けて冷暗所に保存します。できればアルミパックをさらにポリ袋などに入れ口を紐でしっかりと結び、缶などにいれるとよい。
アルミパック開封後は、口を紐でしっかりと結び、気密性のよい容器に入れる。容器は他の食品や茶葉の匂いが残っていないこと。
透明のポリエチレンの袋に入った茶葉はそのままの状態では保存に適さないので、必ず光を通さない缶などにいれること。
多量の茶葉を手に入れた時は、小出し用の容器にしばらく使う量を移し、残りはしっかり封をして別の缶にいれ保存するとよい。



Copyrights(C) 2011 Seyran Corporation. All Rights Reserved